Touch Pay事業

Touch-Payとは?

タブレット端末を店頭に設置することで多様な決済を出来る環境を構築し、キャッシュレス化を実現するための事業です 。

-なぜやるのか?

昨今の全世界的なキャッシュレス化の流れの中で、日本におけるキャッシュレス化は遅れをとっています。

  • 通貨環境:法定通貨である日本円(現金)の価値および信用度が高い。
  • 社会環境:通貨環境から現金の利用度が高いため、社会環境としても現金が受け入れられやすい。
  • 商業環境:店舗がキャッシュレス化を行うには、初期費用(システム導入コスト)、決済手数料(高い)および支払いサイクル(遅い)の問題がある。

-私たちの目指すゴール

タブレット端末を2020年までに30万台以上の設置を行い、来る東京オリンピックに向けて国家戦略とも言われるキャッシュレス化をTouch-Pay事業を通じて実現します。
さらには、タブレット端末をベースに店舗経営者にとって便利なサービスの提供を行い、また、生活者にとっても便利なサービス展開も図ります。

ページ上部へ戻る